果物屋の九州LIFE

熊本を中心に九州の休日を満喫。仕事のことは一旦忘れよう。。

「珈琲と紅茶 瑞季」で最高の休日を。

今回紹介するお店は「珈琲と紅茶 瑞季です。

  

店名にあるように、珈琲と紅茶がおすすめ。

f:id:rnossan:20210503093105j:plain珈琲・紅茶はもちろんですが、食べ物も絶品で店内もとても落ち着く空間となっています。

熊本阿蘇に行くことがあれば騙されたと思ってでも行ってもらいたいカフェです。

 

 

 

「珈琲と紅茶 瑞季」の紹介 

お店は阿蘇の別荘地の一角にあります。

一軒家の1階部分がカフェとなっているため、外観からは少し分かりにくいかと思います。

近くまで行くと看板が立っているのでわかると思います。

ちなみに、近くに公共交通機関は通っていないので車必須です。

 

店内はとても落ち着く空間となっています。

f:id:rnossan:20210503093435j:plain

夏は窓から見える新緑が素晴らしく、冬は店内にある暖炉で自然な暖かさに包まれています。

周りには大きな建物もないため、とても静かでいつもより時間がゆっくりと進んでいるような感覚になります。

 

f:id:rnossan:20210503093053j:plain

お店は2人で経営されているようです。

旦那さんは珈琲・紅茶の用意を、奥さんは接客をメインにたくさん話しかけてくれます。

元教員とアナウンサーの夫婦らしく、トーク力も抜群です。

会話するだけですごく楽しい。

珈琲・紅茶に初心者な僕にも分かりやすく説明してくれました。

 

f:id:rnossan:20210503093039j:plain

一杯一杯丁寧に用意してくれるので、多少の待ち時間がどうしても発生します。

そんな時は店内の雑誌を見たり、ちょっと外に出てみたり、メニューを見て珈琲と紅茶について学んだりして過ごしましょう。

僕はメニューを見ながら既に次に来た時に何を頼もうか考えていました。

f:id:rnossan:20210503093034j:plain

席から見える景色も最高です。

 

 格の違う珈琲と紅茶

いよいよ到着。

僕が頼んだのは珈琲とデザート3種のセット。

珈琲とデザートはそれぞれメニューに書かれているものから好きなものを選んで注文することができます。

メニューはその時の仕入れ状況や季節によって変わるらしいので、注文の時におすすめを聞いたりメニューに書いている内容から自分の好きなものを選ぶといいです。

f:id:rnossan:20210503093105j:plain

珈琲・紅茶の単品注文だと平均700円くらいします。

普段インスタントのコーヒーや紅茶しか飲まない僕にとってはかなり高価だと感じますが、一口飲んだらその考えは吹っ飛びました。

 

甘い!!美味しい!!!

 

珈琲なのですが、甘いです。

もちろん頼んだ珈琲の種類にもよると思うのですが、今まで飲んでいた珈琲ってなんだったんだろうと感じるくらい美味しいです。

紅茶も香り高くて何杯でも飲めちゃうような美味しさでした。

こんな紅茶も今まで飲んだことがない! 

ちょっと高いなと思っていましたが初心者にもわかるほど味が違いますし、珈琲は2杯分、紅茶は3杯分用意してくれるので良く考えたら安いくらいです。

 

ここでしか食べられない絶品スコーン

そしてもう一つ、このお店にきたら絶対に注文して欲しいのが

手作りスコーンです。

特製のバターとジャムをつけて頂きます。

f:id:rnossan:20210503093129j:plain

本当に驚くほど美味しいです。

これまで食べてきた焼き菓子のどれよりも美味しいと感じました。

生地は外側カリッと、内側ふんわりで大きさがちょうどいい!

 

f:id:rnossan:20210503093118j:plain

バターは素材にこだわっており、どれだけスコーンにつけてももっと欲しくなるくらいさっぱりしています。

ジャムは某高級ブランドの香水に使われている花を使用して作っているらしく、こちらも香りが口の中に広がっていくら付けても足りません。

 スコーンに関しては1つだと全く足りず、持ち帰り用を2つ購入して帰りました。

 

 お店の場所

そんな「珈琲と紅茶 瑞季」ですが、阿蘇市にあるJR宮地駅から車で10分程度のところにあります。

 

 最後に

お店に行く際は電話予約をすることをお勧めします。

予約なしで入店できる可能性は低いですし、飛び込みで行ってしまうとスコーンが売り切れの可能性大です。

(電話予約の際、持ち帰りしたいスコーンの数まで伝えると持ち帰り分まで確保できます。)