rnoは果物屋

20代会社員男の生き様。趣味(テレビ・ラジオ)を中心にさらけだす。

お笑い第七世代かどうかを決めるルール

お笑い第七世代のルール

 

f:id:rnossan:20200723165741j:plain

 

こんにちは!

最近よくテレビで聞く

お笑い第七世代

というワードをご存知でしょうか。

 

「第七世代」と呼ばれるお笑い芸人は最近テレビへの露出が増えてきた若手

というイメージがあるのではないでしょうか。

 

しかし、お笑い第七世代かどうかが決まるルールを知っていますか?

 

結論としては明確な定義はありません。

 

 

 

しかし、原則となるルールは存在します。

 

そんなお笑い第七世代のルールについて紹介したいと思います。

 

お笑い第七世代とは

お笑い第七世代とは、2010年以降にデビューした若手お笑い芸人を指す俗称です。

20代から30代の芸人が主に該当します。

霜降り明星せいやが深夜のラジオ番組「霜降り明星のだましうち!」で2018年に

「次の年号の世代を『第七世代』と勝手に銘打つ」

と提案したことが発端であるとされています。

現在テレビで見かける第七世代以外のお笑い芸人は第何世代なのかということに疑問があるかもしれませんが、この「第七」という数字に特に意味はないとのことなので他の芸人が何世代なのかは全く定義がありません。

現在の若手芸人を第七世代とするとした場合に、すでに売れている芸人が何世代なのかを逆算して決めています。

 

第七世代の芸人の特徴として、「若さ」意外に「笑いの種類」が挙げられます。

どういうことかというと、少し前の若手芸人は憧れの先輩が「ダウンタウン」であることが多く「ダウンタウン」の笑いに影響を受けたネタやギャグをするコンビが多かったとされています。

しかし、第七世代の若手芸人たちは憧れの先輩が「ダウンタウン」などの大御所であるとはいえ笑いの影響まで受けてはいない(憧れの先輩のネタをリアルタイムで見ていた世代ではない)ため、新たな笑いの可能性を秘めているとされています。

ネタの型にこだわらず、自由な発想で新たなお笑いを作っていくのではないかということが注目されている理由でもあります。

 

第七世代のルール

お笑い第七世代に明確な定義はありません。

なので、自分は第七世代だと名乗れば基本的には第七世代に属する芸人ということになります。(周囲が認めればですが・・・)

これといった定義はありませんが、フワッとしたルールは存在します。

 

・2010年以降にデビュー

・平成生まれ

・2020年現在、20代もしくは30代

ゆとり世代

・自分から公言する

 

これが第七世代と呼ばれる芸人のルールです。

4つ挙げたルールのうち3つはほとんど年齢のことですね。

現在の若手芸人が第七世代と呼ばれているのはそのためです。

EXITは紛れもなく第七世代の芸人ですが、「りんたろー」が第七世代の芸人かどうか疑われているのは30代でも昭和生まれだからですね。

ですが、これはあくまでもルールであって定義ではないので当てはまらなければ名乗れないということはありません。

 

そして最も大切なのは

自分から公言する

というルールです。

 

年齢やデビューについてのルールが多いですが、あくまでもルールなので強制力はありません。

なので、年齢などが何一つ当てはまらなくても自分で公言することで第七世代の芸人になることができます。

テレビやラジオで感じる限りでは、若手芸人の総称を「第七世代」と銘打ちたい若手芸人と、これからが勝負だから今が頑張り時という中堅芸人が第七世代を名乗っているように思えます。

 

ですので、安田大サーカスのクロちゃんは第七世代ということになっています。

Wikipediaにも記載あり)

 

第七世代の芸人

霜降り明星

・EXIT

ハナコ

・ミキ

宮下草薙

四千頭身

・ティモンディ

・かがや

ガンバレルーヤ

・ぺこぱ

ゾフィー

3時のヒロイン

・ぼる塾

東京ホテイソン

ゆりやんレトリィバァ

・納言

安田大サーカス クロちゃん

 

ここでは第七世代の芸人を全て挙げることはできませんが、第七世代と聞いてパッと思い浮かぶのはこのくらいではないでしょうか。

もっと詳しくいうと

・カミナリ

・尼神インター

コロコロチキチキペッパーズ

なども第七世代です。

 

現在第七世代と呼ばれている若手芸人よりも一足先に売れた若手芸人のことを見逃してしまいそうになりますが、ルールに則れば第七世代の芸人であるという人たちもたくさん存在します。

 

まとめ

「お笑い第七世代」に明確な定義はありません。

ですが、いくつかのルールがあるのでそこに該当すれば誰でも第七世代と名乗ることができます。

その中でも最も大切なルールは

自分が第七世代の芸人であると公言すること

 

若い世代の芸人が多いので第七世代の芸人の特徴や独特な雰囲気はありますが、自分から公言することで誰でも第七世代になることができます。

世間に認められるかどうかは別ですが・・・