rnoは果物屋

20代会社員男の生き様。趣味(テレビ・ラジオ)を中心にさらけだす。

激ウマお持ち帰り餃子 「ホワイト餃子」を紹介

激ウマお持ち帰り餃子

ホワイト餃子」について紹介します

 

こんにちは。

最近は持ち帰りのできるお店が増えてきましたね。

家でごはんを作るのもいいですが、

たまにはお店の味を家でも楽しみたいですよね。

 

そんな中、持ち帰りでもお店の味を楽しめるお勧めの餃子

ホワイト餃子」について紹介していきたいと思います。

 

 

 

ホワイト餃子とは

千葉県野田市に本店を構え、全国に20店舗以上の支店を持つ人気餃子店の餃子の名称です。

丸いフォルムと食べやすいサイズで本店のある千葉県から人気に火が付き、

現在では北は宮城県、南は鹿児島県まで全国に20店舗以上を構える餃子の名店となっています。

 

しかし、人気店なのに全国に約20店舗程度しかないのに疑問を持ちませんか?

それには理由があるのです。

ホワイト餃子は普通のチェーン店と違って、 「本店」で技術指導を受けてのれん分けをした人だけが作る事のできる餃子なのです。

 

なので、ホワイト餃子にはチェーン店の本部としての機能を持つ「本店」

技術指導を受けてのれん分けとして営業を行う「支店」

技術指導を受け、かつ立地などの条件により

・餃子専門店ではない

・本店支店と同一価格でない

ことを特別に認められた「技術連鎖店」があります。

もしお住まいの近くに「ホワイト餃子」が食べられる場所があれば、

そこが何店なのかはホワイト餃子グループのホームページで確認する事ができます。

 

  

 普通の餃子との違い

一体ホワイト餃子が普通の餃子とは何が違うのかというと

形・皮・味が異なります。

 

ホワイト餃子の形は「丸」です。

球体ではなく、スイートポテトのような見た目をしています。

餃子と言われてパッと思い浮かべるいつもの形とは異なりますが、

この形こそがホワイト餃子最大の特徴の一つと言ってもいいでしょう。

 

続いて「皮」についてですが、

ホワイト餃子の皮はパンや肉まんを思わせるような厚い皮です。

この分厚い皮を油でパリパリに焼き揚げ、表面はザクザク、でも内側はしっとりとした食感の餃子になっているのです。

 

最後に「味」です。

皮がパリパリもちもちなので、一口食べれば中から肉汁が溢れ出ます。

その肉汁が甘いんです!

肉が甘いっていう感想を述べる人の気持ちが分かるくらい餃子が甘いです。

また、中身には白菜が多く入っており食感も抜群です。

その餃子に対して、ラー油の効いたタレで食べるのが何とも美味しい。

普通の餃子より大きく、油で揚げたような調理方法なので一つ食べるだけでもお腹に溜まりそうですが、実際に食べてみるとそんなことはなく一人で10個くらいぺろっと食べれちゃいます。

 

 

持ち帰りは「焼き」と「冷凍」

そんな「ホワイト餃子」ですが、店舗で食べることはもちろんですが、

持ち帰りやネット通販購入し、食べる事ができます。

 

店舗で購入する場合は「焼き」もしくは「冷凍」を選ぶことが出来るので、

すぐに食べない時もできたてを家で食べることが出来るのが魅力です。

 

 

おうちでの作り方・食べ方

先ほど、ホワイト餃子は普通の餃子よりも皮が分厚く、揚げ焼きのような餃子であると紹介しました。

冷凍で購入したとして、普通に焼いてお店と同じ味が出せるのかと感じる人もいるかと思います。

結論は・・

普通の餃子のように焼くだけではホワイト餃子本来の味にはなりません。

ただ焼くだけではホワイト餃子一番の特徴であるあの食感が生まれないのです。

 

では、どうやって家で作るのかというと・・・

お店と同じように作ります。

 

普段料理をあまりしない人や、調理器具が豊富にない人は

「それなら家でできないじゃないか」

と思うかもしれませんが、普通のフライパンと油があればIHだろうが何だろうが美味しく仕上げることができます。

 

「じゃあその作り方はどうすればいいの?」と思っている方、安心してください。

ホワイト餃子を購入したときに、作り方を詳しく書いた紙を渡してくれるのです。

f:id:rnossan:20200528211906j:plain


 

 

非常に細かく、かつ分かりやすく説明が載っているので

料理初心者でも説明書を見ながら作ることが出来るのです。

 

そうしてできた餃子がこちら。

(ちなみに私はほとんど料理ができません)

 

f:id:rnossan:20200528211909j:plain

↑お店で食べたのとほぼ同じ餃子が出来上がりました!

焦げたとか、中まで火が通っていないこともなく

人生初揚げ物でもできました。

 

 

まとめ

ホワイト餃子は美味しいです。

普通の餃子とは形も作り方も違うので、少し挑戦するのには勇気がいるかもしれませんが

この餃子を知らないのは人生を損しています!

 

持ち帰りメニューのある店が増えてきている中、一度騙されたと思ってホワイト餃子を家で調理してみませんか?

ただ持ち帰るだけではなく、調理してお店の味を美味しく再現できる楽しさもあります。

 

是非一度お試しあれ!!