rnoは果物屋

20代会社員男の生き様。趣味(テレビ・ラジオ)を中心にさらけだす。

【熊本古民家カフェ】阿蘇の隠れ家 茶蔵カフェ

阿蘇の隠れ家

茶蔵カフェ 阿蘇

f:id:rnossan:20200719205855j:image 

 

こんにちは!

僕はどうやら最近、古民家カフェと呼ばれるジャンルのカフェ巡りにハマってしまっているようです。

今回巡ってきたのは熊本県阿蘇にある「茶蔵カフェ 阿蘇店」です。

 

 

古民家を改装したカフェはどこも隠れ家感のある場所で営業していることが多いですが、そんな中でもトップクラスに隠れ家感の強い空間です。

阿蘇大自然の中にあり、誰にも邪魔されず、自然を感じながらゆっくりと時間を過ごすことができます。

さらに料理が美味しい!

そんな阿蘇に行った際にはお勧めな古民家カフェを紹介します。

 

 

茶蔵カフェ のある場所

紹介するカフェのある場所は「阿蘇駅」や「道の駅 阿蘇」の近くです。

阿蘇駅から車で5分程度の場所にあります。

周りは田んぼに囲まれているのに、カフェのある一角だけ木々が生い茂っています。

そしてお店の入り口はとても雰囲気があります。

f:id:rnossan:20200719205855j:image

f:id:rnossan:20200721213315j:plain

駐車場の入り口がかなり狭いのでお気をつけてください。

対向車が来ようものなら逃げ場はありません。笑

加えて、車のナビだけだと駐車場への入り口の場所が分かりづらいと思うのでスマホなどのなびを併用するのがお勧めです。

そのくらい隠れ家感が凄いのです。周囲は田んぼなのに!

 

自然のトンネルみたいな道を歩いていくとお店への入り口が現れます。

入り口の扉はかなり小さいです。

子どもじゃないと確実にかがまなければ頭をぶつけます。

僕は身長が178cmなのでしゃがみながら入店しなければなりませんでした。

そしていよいよ入店!

f:id:rnossan:20200719210026j:image

入り口とは違い、中は結構広いです。

広いとはいってもテーブル席が4つと後はカウンター席が8席程度しかありません。

店内に入ると「ご予約のお客様ですか?」と尋ねられました。

どうやら通常は予約しなければスムーズに入店できないくらいの人気店のようです。

僕が行った時間は開店後すぐだったので運良くすぐに案内してもらえました。

早起きしてよかった。。

 

座った席はカウンター。

目の前には阿蘇の広大な自然が広がります。

これはもしかして、テーブル席よりもいいのでは?

この日は、夏!!って感じの雲もできてました。

涼しくて雰囲気の良い店内からこんな景色を眺められるなんて最高です。

料理をまだ頼んでいないけどすでに満足。
f:id:rnossan:20200719210035j:image

空気も澄んでいて、遠くの方までよく見えます。

緑が多くて目に優しい!


f:id:rnossan:20200719210023j:image

隣にはバーベキューをすることができるお店もあります。

また、お客さんが多くなってくると店内に入りきらないので隣の別邸に案内してもらえるみたいです。

別邸で料理が出るわけではなく、席が準備できるまでの待ち時間に座ることのできる場所みたいです。

暑い日でも安心ですね。

そっちはそっちでどんな店内なのか気になります。

cafesakura-aso.com

 

 

料理

カフェメニューとランチメニューがあります。

今回僕はお昼前に行ったのでランチメニューを頼みました。

ランチメニューは5種類くらいありますが、どれも限定10食程度しか準備されていないみたいなので食べたいメニューがある方は予約しておくことをお勧めします。

f:id:rnossan:20200720203856j:plain  f:id:rnossan:20200720203859j:plain

僕が頼んだのはステーキ重。

メニューには薄い赤牛ステーキが載っていますが、今回頼んだ時はサイコロステーキでした。

 

注文から数分後。

まずサラダが運ばれてきました。

 

おしゃれ!

あまりインスタ映えとか気にしたことがないですが、気づかぬ間にカメラで撮っていました。

色合いや盛り付けにも目が行きますが、普通に前菜のサラダにしては量が多いです。

僕の知らない野菜なのか草なのかも入っていました。笑

ドレッシングもおそらく自家製のもので、ぺろっと食べれちゃいます。

f:id:rnossan:20200719210019j:image

 

次に運ばれてきたのはヴィシソワーズ。

またしても僕の知らないメニューが運ばれてきました。

どうやらじゃがいもの冷製スープらしいです。笑

そんなことも知らないのかと自分でも悲しくなってきましたが、ひと口食べれば美味しくてそんな考えも吹っ飛びました。

久しぶりに味の想像もつかない料理を食べて心の底から美味しいと感じました。

ヴィシソワーズ、、発音しづらいですね。。
f:id:rnossan:20200719210012j:image

 

そしていよいよ本日のメインの「お重」が運ばれてきました。

うなぎが入ってそうなお重が目の前に。。

中がどんな状態なのか気になります。
f:id:rnossan:20200719210009j:image

 

パカっと蓋を開けるとステーキソースの甘辛い匂いが一気に香りました。

サイコロステーキに高菜に半熟卵の色合いが最高ですね!
f:id:rnossan:20200719210005j:image

ぱっと見、赤牛丼のような感じの見た目をしていますが、中に入っている肉はしっかり焼いたサイコロステーキです。

早速一口食べてみてすぐに感じました、

お肉柔らかすぎる!

勝手なイメージかもしれませんが、サイコロステーキって通常よりも肉を焼く面積が多いからが少し硬い気がするんですよね。

けど、このサイコロステーキは驚くほど柔らかいんです。

絹ごしどうふを食べているみたいな柔らかさ!盛ってないですよ!!
f:id:rnossan:20200719210015j:image

ステーキソースも甘辛くて食欲をそそります。

卵を溶いて高菜と一緒に食べることで味と食感が変わってまた良いです。

 

気付けばあっという間に食べ終わっていました。

サラダが多いななんて思ってた自分はどこへやらです。

 

これは「あか牛とモッツァレラチーズのパイ包み」です。

こっちもおしゃれな見た目!

f:id:rnossan:20200721213356j:plain

 

パイはフォークでスッと切ることができました。

中にあか牛とチーズが入っているのですが、このお肉もすっごく柔らかいです。

f:id:rnossan:20200721213344j:plain

パイの周りにかかっているソースはもちろんパイたちと一緒に食べて美味しいのですが、フランスパンにつけて食べるのもまた美味しいです。

こちらも気づいたらペロリと食べちゃいます。

 

詳細情報

店名:隠れ茶房 茶蔵カフェ

住所:熊本県阿蘇市蔵原625-1

営業時間:11:30〜17:00

定休日:水曜日

平均予算:1500円〜

 

阿蘇までなかなか行けない!

という方もご安心ください。

熊本市の市街地に姉妹店があります。

cafesakura-kumamoto.com

 

 

まとめ

今回訪れた茶蔵カフェについてですが、

雰囲気・・・◎

隠れ家感・・・◎

料理・・・◎

古民家カフェとしてはとても完成度の高いカフェでした。

今回はランチで訪れましたが、今度はカフェメニューもいただきたい。

また行きたいと帰るときには思っているくらい居心地と料理の美味しさがひかるカフェでした。

強いて言えば、駐車場の入り口が狭くかなり分かりづらいということくらいです。

まぁ、それが隠れ家感を演出している理由でもあるので強くは言えませんが。笑

 

ちなみに、このカフェの隣には手作り雑貨屋さんがあります。

イヤリング・ネックレス・ドライフラワーなどが主に販売されています。

僕自身あまりそういった装飾品に興味はないのですが、男性でも「可愛いな」と思えるような商品ばかりで驚きました。
帰りがけや待ち時間に少し覗いてみることをお勧めします。

※ここも入り口の天井が低いので要注意です。僕は思いっきり頭をぶつけ、半泣きで車に乗って帰るハメになりました。