rnoは果物屋

20代会社員男の生き様。趣味(テレビ・ラジオ)を中心にさらけだす。

丸亀製麺「鬼おろし肉ぶっかけ」はおろし好きにもうどん好きにもたまらない一品!

丸亀製麺の「鬼おろし肉ぶっかけ」を食べてきました。

 

こんにちは!

 

麺類はラーメンよりうどん・そば派の僕です。

 

丸亀製麺「鬼おろし肉ぶっかけ」なるものを食べてきました。

 

以前のレギュラーメニューにはなかったと思うので、復刻の期間限定メニューかもしれません。

 

期間限定メニューをあまり選ばない僕ですが、大根おろし好きにとっては心惹かれるメニューなので頼んでみました。

 

 

 

f:id:rnossan:20200704210251j:plain

食べた感想は・・・うまい!

今まで食べてきた丸亀製麺のメニューの中でも1番かもしれない。

 

そんな「鬼おろし肉ぶっかけ」とは何なのか。

肉うどん+おろしのトッピングと何が異なるのか紹介します。

 

 

鬼おろしぶっかけとは

歴代冷やしうどん一番人気

が謳い文句の丸亀製麺の商品です。

 

 

打ち立てうどんと

シャキシャキ鬼おろし。

 

牛肉と絡めて味わう大満足の食べごたえ。

 

別皿だからこそ

味の変化が楽しめる。

 

初夏にぴったりの

涼感あふれるひと品です。

 

丸亀製麺のホームページにはこのように説明されています。

 

 

普通に使われている「鬼おろし」という単語ですが、普通の「おろし」とは名前も見た目も違います。

大根おろし・・・繊維が細かく柔らかい
鬼おろし・・・・端々しくザクッとした食感が特徴

 

 

なので、レギュラーメニューにある大根おろしより鬼おろしの方が擦られた大根が少し大きいです。

 

偶然丸亀製麺の前を通りかかった時にこのメニューに気づき、入店して注文しようとしたところ、売り切れ。

 

だけど、どうしても諦めきれなくて翌日にリベンジしました。

 

お昼の時間の後だと売り切れている可能性があるほどの人気商品なので、絶対に食べたい方は計画的にお出かけしましょう。

 

 

食べた感想

注文してまず思ったのが

 

鬼おろしの量が半端ない

 

僕は大根おろしが大好きで「おろしつゆ」「おろし牛丼」など、「大根おろし」が多ければ多いほど嬉しいのですが、そんな僕でも多いなと感じる程の量でした。

 

f:id:rnossan:20200704210242j:plain

 

薬味にネギと天かす、生姜を別皿で用意し、準備万端。

まずは鬼おろしを半分くらい冷やし肉うどんに入れ、薬味を入れずに実食。

 

もちろんめっちゃ美味しい!

 

鬼おろしは普通の大根おろしと違って食べ応えがあります。

 

広告にもあるようにシャキシャキとした食感もしますし、鬼おろしにかかっている甘い特性タレが肉うどんのお肉とマッチしてて良い感じです。

 

これだけで十分満足なのですが、鬼おろしはまだ半分残っています。

 

少し食べ進めてから、残りの鬼おろしと薬味たちを加えました。

 

すると、

鬼おろしの食感がさらに強調+天かすの食感+ネギと生姜の風味

が肉うどんに追加され至高の一品へと生まれ変わります。

 

おろしうどんの状態でも十分美味しいのになんて贅沢なのでしょうか。

 

自分の好きなものを詰め込んでみたらさらに美味しい料理になった

 

そんな感じです。

 

おろし牛丼に似ていますが、うどんと白ごはんって違うんですよね。

 

つるつるとうどんが喉に通っていく感じが牛丼にはない良さですよね。

 

また、牛丼よりも薬味やおろしの香りを楽しむことができます。

 

牛丼と肉うどんは似ていても別のステージで戦っているんだなと改めて感じました。

 

 

結局、うどん+肉+おろし+薬味を一緒に食べていたので最終的には「鬼おろし」のみお皿に残りました。笑

 

それだけおろしの量が半端ないのです。

 

食べ進める間におろしからでた水分と、肉と天かすの油で自然にスープができます。

もちろん最後はできたスープで美味しく大根おろしを完食です。

 

終始、味と食感が変化し続けるおろしうどんです。

 

 

金額

鬼おろし肉ぶっかけのお値段は。。

628円(税込690円)

 

丸亀製麺にしては少し高めの金額ですね。(中の上くらい?)

 

けれど、他に天ぷらを頼まなくても満腹になるくらいのボリュームです。

特に鬼おろしが。笑

 

味・量ともに満足なので、納得できる金額なのではないかなと思います。

 

 

まとめ

丸亀製麺の「鬼おろしぶっかけ」はおろし好きにはたまらない一品です。

 

鬼おろしは別皿で提供されるので、自分のペースで味と食感の変化をつけることができます。

いつまで経っても飽きないのもこの商品の魅力ですね!

 

 

おそらく期間限定商品であると思います。

年間を通して食べることができればずっとこの商品を食べていたいくらいなのですが。笑