果物屋の九州LIFE

熊本を中心に九州の休日を満喫。仕事のことは一旦忘れよう。。

【水族館】海きららで長崎の海を満喫

長崎県佐世保市にある水族館「海きらら」

 コンパクトながらも生き物を身近に感じられる素敵な水族館。

特にクラゲ好きにはたまらないはず。

 

 

海きららとは 

長崎県にある水族館「海きらら」九十九島パールシーリゾートの1つです。

長崎県の中では最も大きな水族館となっています。

f:id:rnossan:20210518220317j:image

空が反射するほど大きなガラスが一面に貼られた建物が面したところが入り口です。

水族館の入り口って凝った場所が多いですが、海きららのエントランスはシンプルかつ大胆なデザインです。

 

イルカショー

入館すぐにイルカショーの時間だったので、ルートを逆走しているかプールへ向かいます。
f:id:rnossan:20210518220325j:image

ショーのプールは決して大きいとは言えませんが、目の前でイルカたちのジャンプを見ることができるため迫力満点です。
f:id:rnossan:20210518220322j:image

ショーがない時間も飼育員さんがイルカたちとよく遊んでおり、飼育員さんとの仲の良さが目に見えてよく分かりました。

こんなに仲良しなのは珍しいかも。

ショーのない時間も元気に遊ぶ姿が見られるはずです。

 

長崎の海を再現

館内の展示は外の光を水槽に取り込む明るい水槽が多いです。

海の中を演出するために暗い空間にすることも多い巨大水槽ですが、海きららは明るい巨大水槽です。
f:id:rnossan:20210518220313j:image

ダイビングをしている時の感覚に近い綺麗な海を感じることができます。
f:id:rnossan:20210518220308j:image

イワシの大群もしっかり見ることができます。

はっきりと魚の姿を見ることができるので、気づいたら長時間居座っちゃいます。

 

クラゲが主役の水槽 

ここのメイン(?)のくらげ水槽です。

長崎はノーベル化学賞を受賞した下村脩教授が研究のためにクラゲを採取したことで有名な場所です。

ノーベル賞受賞のきっかけとなった物質を持つオワンクラゲを始めとする様々な種類のクラゲが数多く展示されています。
f:id:rnossan:20210518220304j:image

クラゲの特徴を飼育員さんが手書きの説明用紙で解説してくれます。

クラゲコーナーは飼育員さんの愛を感じられる、海きらら1番の名物展示ではないでしょうか。
f:id:rnossan:20210518220329j:image

研究室のようなエリアがあるのですが、これは全部クラゲの展示です。

クラゲの幼体や非常に小さい種類のクラゲ、少し珍しいクラゲまで展示されています。

 

九十九島パールリゾートの中のひとつですが、ここだけでも1日中楽しめるほどのボリュームがあります。

活発に動くカブトガニや地元ならではの特別展示など他にも見どころ満載です。

 

駐車場も十分に確保されているため、県外から初めて来ても安心して水族館専用駐車場に停められます。

近くの食事処でお昼ご飯を食べれば駐車料金無料時間も伸びて一石二鳥です。

goo.gl

長崎県佐世保市へ行く機会があれば、ハウステンボスだけじゃなく海きららもいかがでしょうか?